くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島採集2014。


201407012000019ec.jpg

行って来ました。
伊豆大島!

目的は、この時期でもノコギリが活動しているのか。。
ミヤマは、発生しているのか?

です。

ノコギリは、地元栃木県でも発生を確認。
ミヤマに関しては、みつさんより、福島などでも発生を確認していると報告をうけていたので。。

その、栃木や福島より南にある伊豆大島で、亜種として産するイズミヤマは活動しているのか?

今回の調査(カッコ良い言い方(笑))は、日ノコ研の代表 TOTOROさんと行って来ました。


現地では、到着と同時に蝉の鳴き声を確認しました。

そして、何時ものポイントに到着。

画像は有りませんが、伊豆大島のコクワとしてはかなり大型のコクワを採集。
コレは期待できる!!

と思って居たのですが。。


確認できるのは、小型の個体&小さいメス。

あと、栃木では、少し個体数が減ってきたコアオハナムグリを多数確認。

シロテンハナムグリと一緒にアザミを白くしたフサフサの花に群がってました。

シロテンハナムグリは、緑の強い個体が居たので、数頭摘まみました。
このシロテンも、本土のものより若干ですが、おおきい気もします。

大きいといえば、ノコギリカミキリ。
飛んでる個体を確認して、『こいつは70近いノコギリだ!』とおもって採ってみたのですが。。

42ミリのノコギリカミキリでした。

栃木でも、採集してましたが、ここ迄デカく無い気が。。

そして、いつも8月下旬などに採集していたため、この時期にこのように沢山の種が居ることに気づかなかった。。

シロテンも、8月にも確認はしていましたが、数も大きさもここ迄では無かったです。
ここでは、65ミリオーバーの個体が入らなかったので、全てリリース。

シロテンの他にゴマダラカミキリ、よくわからないカミキリを採集。

別ポイントへ。。

ミヤマの発生をみに行きましたが、ルッキングでも全く見つからない。。
ミヤマには、少し早かったみたいです。

大島には、ノコギリ、ミヤマ、コクワの他にヒラタが居ます。
コクワは、珍品でそれなりに有名?ですが、ヒラタは。。
正直、初めて行った時以降死骸すらみません。

個人的には、コクワより圧倒的に珍しい気がします。

ネブトもいますが、ピンポイントなので、採れないな〜。。

ヒラタも、撮れませんでした。

夜間の外灯採集では、伊豆大島で初見となるマイマイカブリをゲット。
このマイマイカブリは、本土のヒメマイマイカブリと同じ亜種になるのですが、先のシロテン同様。。


デカイよ。

初めて採ったこの個体も52ミリ有りました。
本土では、まず無理な大きさかと。。

他には、アオオサムシ。
TSUYOさん曰く、アオオサの原名亜種だそう。
本土では、多摩川以西に生息しているようで。。


とまあ、画像は無いですが、こんな感じの採集でした。

大島といえば、台風の被害です。

20140701200026b8f.jpg


街中は、普段と変わらない様子でしたが、いつもお世話になっていた付近は、やはり。。

行って、もの買う位しか出来ませんが、魅力、自然溢れる場所なので、元通りとは言いませんが、戻って欲しいですね。



最後の大捕物。

これ、初めて採った(笑)

20140701200102afe.jpg


ヒラタポイント散策中に。。

もちろん、テイクアウトはせずに、大島保健所に保護してもらいました。
然るべき対応を!という事だったので、出来れば、自然に戻ってもらいたい。

右羽根を負傷していたようで、ネットから解放後も飛べずにいました。

フクロウを素手で触ったり、あの鋭い爪で掴まれたり、噛まれたり。。
超貴重体験をしました。

あの強さで握られたら、ネズミや小鳥は、間違いなく逃げられないよ。

貴重な体験をありがとう。。!
スポンサーサイト

採集2014。

今日は、昼間の採集〜

普段狙わない、花を掬う採集をして見ました。


で。。

採れたのは良いが、種がわからない。。

20140601144458ac1.jpg

2014060114473287c.jpg

多分、トラフハナムグリ?な個体。
とりあえず、剛毛です。

20140601144425103.jpg

花に来るカミキリ。

2014060114442455d.jpg

いずれも。。


201406011444238e2.jpg


種名がわからないです。

そして、探していたラミーカミキリですが、どうやらこのポイントではまだ市民権を得ていない様子。。
カラムシは、有りますが、個体は乗っかって無いですね。
このカラムシは、アカタテハの幼虫が居るみたいで、葉がくるまってました。

どなたか、わかる方。。
同定して頂けませんかね?

採集2014。

続きを読む »

散策採集。

栃木の某お山まで、散策採集。

20140511222925070.jpg

ほぼ山頂付近からの一枚。

山頂には、神社があるので神頼み。。
足腰丈夫で居れるように。。

散策では、ハンミョウ狙いだったのですが、草原なく砂原なく。。

居る気配はありませんでした。

代わりにこいつのゆりかごが。。

201405112226169d5.jpg

ファウストハマキチョッキリ。

前回載せたのは、コナラやクヌギに着く。。
なんとかハムシだったような。。

まぁ、今回はファウストのゆりかごが有ったのですが、近くの山のものと違い手の届かない所にあり、採集は不可能でした。

201405112229016d1.jpg

そして、基本的に人が住む近くには巣を作らないと言うキツツキが、彼女の自宅に庭に巣を作り、雛が孵っているようです。
なんだか、地元新聞にも取り上げられたとか?

このキツツキのほかに、スズメが巣を作ってました。

そのまま何も採れないのは寂しいので、ヤゴ採集をば。。

このポイントは、ホタルが多数見られるポイントなので、カワニナが多くザリガニもアメリカなのかもしれませんが、なんだかニホンザリガニ風な感じです。

トゲとか。。
ゴツゴツさとか。。

で、ヤゴは結構な数が得られました。
画像有りませんが。。

その時、同時にサンショウウオの幼体も網に入りました。
ウーパールーパーの小さくて足が無いやつ。

それは飼えないので、リリース。

ヤゴは、欲しがっている友人の元に行く予定です。


佐野ラーメン!

20140511223653814.jpg

ティーノさんと行った、一軒目。

ここは、餃子が美味いです。
皮から手作りで、非常にモチモチ♪

ラーメンは、もう少し味が濃いと良いのですが。。



二軒目!!

20140511223111a84.jpg


ここは、他県からも客が多い、安定のお店。
なみなみと入ったスープが特徴的で。。

他県からも来ると言うことで、文句なく美味いです。
ここも餃子が美味いですよ。

野菜餃子だった気が。。

もっと近くに有る、彼女の祖母推しのラーメン店が有るので、今度行ってみようかなと。。

ドM採集。

今日は、関東最大の湿地帯に採集へ。
と言うのも、ティーノさんが前日に成果を上げていて、偶然、次の日が休みなので一緒に行こうと。。

車で目的地付近迄行き、1時間弱、歩きます。。
途中、魚の死骸の匂いで気分が悪くなりますが、生息場所に到着しました。



こんな感じの場所です。

ぱっと見は乾いてる様に見えるかもですが、実際はかなり泥沼。
バクテリアの活動による油膜?の様なものが見え、地面は赤褐色の部分がありました。

ここから先、画像は有りませんが膝辺り迄埋まります。
雪と違い、泥なので抜けにくく一度ハマると体力、筋力ともに削られます。

体重は、軽いと有利とかそんなのは無いみたいで、ティーノさんはしっかりと泥人形になってました。


で、採集結果。

ハンミョウモドキ!

20140504225030f5a.jpg

この個体は、ティーノさん採集です。
自分は、マメが出来たり、股関節の具合が悪くなり途中退場。

本当は採りたかった。。


2014050423045665c.jpg


ティーノさんから頂いたのを展足。
かっっっっっこ良い!!

ハンミョウの様に見えますが、ゴミムシの仲間なんだとか。。
しっかりと顎が発達しています。


ちなみに、このポイント。

もう、2度と行きなく無い。
とりあえず、人間が行く場所では無いですね。
その位、ヒドイ。

マイマイカブリで、躓く自分には早すぎかもしれないポイントだった。。

だから、ありのままを言うぜ。。

あそこは、人間が行く様な場所じゃない。
長靴、ズボン、シャツを生け贄にしてでも、取れないと思う。

実際に、人間の自分には取れなかったですが、妖精のティーノさんには取れた。。

案内は出来るけど、あの場所には行きたくない。


そして、場所が変わりいつものポイントへ。

20140504230131a49.jpg

画像がかなり粗いですが、ファウストハマキチョッキリ。

カエデみたいな、五つに分かれる葉っぱでゆりかごを作ってました。
以前、東京のお山に採集に行きましたが取れず。。

地元のお山に居るとは思わなんだ。。
ゆりかごも何個かあったので、適当に拾って来ました。

腐ると良くないとのことなので、プリンカップにティッシュを敷いて管理。

いつ成虫が出てくるのか。。



20140504230530cf5.jpg


ナガタマムシ。

種類はわかりません。
とりあえず、自分と同じフィールドで頑張ってる方が、タマムシ屋らしいのでとりあえずキープ。
まあ、その人にあったことないけどね。

地元の山は、かなりいい!!
でも、湿地のあの場所は最悪。

もう一度言います。
人間でいたいなら、ハンミョウモドキの生息場所はキツイ。
人間の通る道ではないです。
泥まみれで童心に帰れる人でないとダメかも?

しかし、この荒技を58歳でやってのけるY氏は純粋に凄いと思う。

 | HOME |  »

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。