くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮KUWATAその1



皆様先日はお疲れ様でした。
今回のKUWATA は四国から特別ゲストの方がいらっしゃって、とても・・・にぎやかでした。

まさか、大宮の人通りが多いあの中で着替え始めるなんて・・・(笑)
でも、何故かその場に居た知らないおじさんが滅茶苦茶笑顔で金さんのことを見ていたのは内緒ですw



さて、タイトルでは、大宮KUWATAその1なんてやっていますが、実際の内容はKUWATA が始まる前の増種になります(笑)

午前9;00ちょっと前。
早々と会場に到着・・・予定ではぴんくあいすさんが来ていると思ってんですが、目印が解からない(^_^;)

辺りを見回しても知っている人が居ないんで、「モンハン2nd G」でヤマツカミを狩る・・・・

20分後・・・無事?w ヤマツカミを狩り終えると共に、マナマナさんから大宮駅に着いたとの連絡が・・・
自分が並んでいた順番は恐らく一ケタ台だったのかな?

マナマナさんを迎えに行って戻ってきたときには既に整理券を配り終えた後で自分が貰った番号は「26」
でした。



はい。。。ここからが本日のネタです。

まずマナマナさんから昨年正式に名前がついた「カミジョウオオクワ」を戴きました!
プリンカップの中に3頭幼虫が入ってるとの事・・・しっかり確認しましたよ!!
落ちたら言って下さいといわれたので、その際にはよろしくお願いします。


で、自分からマナマナさん伝えでエルウェイさんにタカクワイを渡して・・・

そのタカクワイのリターンで「ユダイクスミヤマ」がやってきました。
エルウェイさん有難うございます。。。

タカクワイも非常に小さく、はっきり言ってペレンみたいな感じでした・・・でも、兄弟はしっかり大きくなっていましたし、出所も楽園なんで大丈夫!!
だと思います・・・サイズで判断していただかなければ(笑)

あーくさんも今回のKUWATAにいらしていたそうなんですが、お会いできませんでした・・・(T_T)



ヤマツカミの倒し方? 大剣でひたすら切るだけですよ??
ああ、聞いてませんか・・・サーセンw
次回はきっと『大宮KUWATAその2』になるでしょう・・・
多分、フローチャート道理、お会いした人物編ではなく、青きお方編かな?


きっとその頃には、皆さんがオフレポをうpしているはず・・・ww



スポンサーサイト

セット三回目。

皆様、もう体が疼いているんじゃないですか?
後、数日で今年一回目にして最大? のイベントですね。。。(笑)


ちなみに、今自分は春休みとか言う休暇真っ最中ですw

近くに住んでいるブリーダーさんのお宅を探す為にバイクでポッカポカの日差しの中、散策をば・・・

結果から言いますと、見つかりませんでしたが、今期の目標の一つである地元産クワガタが居そうな場所を発見!!

以外にも、自分の住んでいる周りにはクヌギが多いことがわかりました。

ティーノさんから、木の種類を教えてもらったんですが・・・・
すいません、もう一度教えてください。。。

ハンノキ?四文字だった気が・・・

さて、本題です。


パナイ島産 ダイスケを三回目のセットに入れました。
一回目は人工カワラ。
二回目は人工レイシ。
今回のセットは、砂埋めレイシです。

朝っぱらからノコギリでフチを切り落とし、30秒加水。
無添加の発酵の浅いマットにてセットしました。


今まではZマットだったんですが、キンチョを散布したマットなんで・・・(爆

コバエがまた発生していたんで、キンチョの効力は切れていると思われますが、そんなんで殺したくないんで・・・(^_^;)

メスを入れるとすぐさま潜って行ってくれましたヽ(^o^)丿

痙攣していた脚も回復しているようなんで、大丈夫だと思います。

今年初羽化しかし・・・?

先日は貴重な管理方法情報をありがとうございました。
基本ミズゴケの定期的交換で生きたいと思います。

今期初羽化です!!

まず、管理血統はRBC・・・簡単に言いますとホペイです。

知り合いから幼虫で飛ばしてもらい、オアシスProB 一本で羽化してきました(^_^;)
ボトルから見る限りでは、一本で羽化した割にはなかなかのサイズかなと・・・

このRBCは産地は福建省 北峰  累代はF8になります。

解かる人だと、この累代数で解かってしまうかもですね・・・

で、散々引っ張りましたが羽化したのはブリードするにあたって、非常に重要なメスです(笑)

ただでさえ、余り産まない血統らしいので。。。(汗




ホペイやオオクワ(極太系)は親オスよりも、メスの方が重要だと聞きます。
今までは、ただブリード、、、累代を重ねてきただけなので、実証ではありませんがこの手の虫をやられる方は大体そういいますね。。。

ただ、オスが羽化してないんで形もへったくれも無いんですが・・・





はやく、やおはるさんやティーノさんとこみたいにオスが羽化しないかなと・・・



メスがいくら重要とはいえ、やっぱりオスが羽化しないとネタ的にもパッとしませんからね(爆

今日は・・・

平成22年2月22日です。
だから? と言われたらそれまでですが、まあ、、、一度しかないですからw

最近、フタマタに対してモチベダウンしてます。。。
キヨタミが採れない・・・半年待ってもダメ? 交尾は確認済み。 同居は二週間・・・
材は去年100頭採った材だから問題は無いはず・・・何故(?_?)


今回は、皆さん成虫の管理ってどうされています?


今までは、楽園の様に小動物用のパインチップを下に薄くやり、その上からミズゴケを転倒防止のごとく
乗せる・・・というものでした。

でも、この管理法ぶっちゃけめんどくさいんですよね(苦笑

ミズゴケなんで、排泄物を吸収して時間が経つと悪臭が・・・orz

現時点での自分の管理はミズゴケオンリー!!
何故か、パインチップとの組合せよりも長持ちのような気がします。。。

大陸では(恐らく広葉樹の)マットにミズゴケ。
密林は、、、チップにミズゴケ(だった気がするw)
楽園はチップにミズゴケ(殆んどこれ。たまに例外あり)
中野では大陸と同様、マットにミズゴケ・・・

生き物なんで定期的に換えないとダメなのはわかっているんですが、これ!!と言ったものが無いんですよね・・・






皆さん、どうやって管理されてますか??

我が家唯一のギラファ。



暖かくなってきました!!

しかし、冬眠組み・・・目覚めの気配なし(-_-;)

さて、我が家の唯一のギラファ・・・パナイギラファです。

Prosopocoilus giraffa ssp.
どう見ても、ネグロス島のssp. daisukeiとは同じ特徴が見られないので、家ではパナイギラファとして管理しています。

このギラファについて調べるとジョニーさんや、師匠のブログが出てきて懐かしく感じました(笑


野外品は結構なお値段がするので、大切に管理したいですね!
といっても、この前キンチョールでメスを毒殺しそうになりましたが(-_-;)

今では、何とか復活してくれたので、安心しています。。。

コバエが沸いていたマットに入っていたなんて・・・翌日に、ひっくり返って脚が痙攣していました。。。

ごめんよ、、、これほど焦った事はなかなか無いです(苦笑)

もう少し気温が安定してきたら、三回目の産卵セットに入ってもらいます。






誰かこのギラファを亜種として、論文書いてくれないかな・・・(爆
まあ、採集者の石〇さんの名前がつくんだろうけど。。。

Prosopocoilus giraffa ssp. isituk?? なのかなw

新入り。


今日は日差しが暖かったですね!

明日も晴れるそうです。

さて、新入りですが・・・

今まで見向きもしなかったクワガタですw

皆さん知ってます?



リツセマオオクワガタw

ネシアに分布しているDorcus属で、島ごとに居る亜種間でかなりレパートリーがあります。

今回入手させていただいたのは、マナド産のリツセマです。

簡単に説明すると・・・クルビ ssp.?かな(笑


まじまじと見るとなかなか格好いい・・・

しかも、ブリードに少し癖があるらしく、なかなか大きくならないそうです。

今回入手したペアはマナド kotamabaguのワイルドです。

産地を聞いただけで、わかる人には何処からのモノか直ぐに解りますねw

メスは32mm。

前胸部にスレ傷が有ったため、持ち腹を期待して単品セット。

セット内容は、オオクワと変わらない小ケースの材一本セット。

安い、ブリードは簡単・・・しかし、デカくはならない・・・

でも、70は超えるらしいですよ?

メジャー種に飽きたら、初心に戻ってこの手の虫をやってみるのも良いですね。

大金出せば買える高額種と違って、腕試しが容易に出来ますからね(笑

安いから冒険も出来るし・・・w

流石にウッディに高添加オオヒラタケ菌糸でやる!
何てこと出来ませんからね・・・



ただ困ることは、マイナーであるが故に、採れすぎた時の貰い手が・・・orz


相変わらずの文字ブログでサーセンw

産卵確認。


今日は雪が降ってましたね。

午後には止んで、溶けてしまってましたね・・・

久々に青空をみた気がします・・・


 さて、今回の産卵確認ですが、我が家の大型キクロマトス!

インペラトールが産卵してくれていました!

まだ、孵化は確認出来ていませんが、あのドウイロが孵化したことを考えると大丈夫そうです。

 アドバイスをくださったうかれぽんち。さんありがとうございます!



 メスはまだまだイケそうなので、もう少ししたら再セットをしたいと思います。


果たして何頭採れるのやら・・・


メタリはそれなりに産んでくれてましたが・・・あっ、勿論ペレンですよ(^-^;




追伸

わかさん!
もし、オスが必要でしたらお渡ししますよ!

むう・・・

続きを読む »

ようやく孵化♪

先日、むし社にて見てしまった。。。
プラティオドン モロタイ亜種・・・
やべぇ?でけ?・・・ずっと連呼してました(笑

ニューギニア亜種だと、そこまででかくならないらしくしかも、ごつさが全然無い・・・
今あったら95%の確立で買うと思う(モロタイならね!!)・・・プラティオドン馬鹿にしてました。ごめんなさい・・・(爆

いや、マジで見た方がいいです。あの52mm・・・

???????????????
さて本題に・・・


ようやく・・・ようやくです!!
ドウイロが孵化してきました!!

いや・・・まあ、それだけなんですがね。。。(爆
ドウイロも、色々なバリエーションがあって面白いですよ!!

ただ、大きさに似合わず幼虫期間はしっかり1年ぐらい掛かりますが。。。w


短いね。。。(笑

有言不実行・・(爆

オオクワのネタは書かないと言いましたが、自分が消化不良を起こしそうなんでやっぱりクロムシを間に入れます(笑)


オオクワはオオクワでも、台湾の保育種のフォルモサヌスです。

フォルモサヌス(台湾オオ)との出会いは・・・何年前でしょうかねw
憶えているのは、師匠のブリードルームに行ったときに、ケースに入っていた80mmのクワガタ・・・

それが台湾オオでした。

インパクトが凄かったです!!もう、太いのなんのって・・・w

台湾オオの拘り・・・非常にちんけな拘りですが、産地は桃園縣巴陵(とうえんけんばろん)が一番です!!

基本的にこの巴陵はカタカナ表記でバロンと書かれているのがほとんどだと思います。

あと、産地的にマイナーなのか「南投縣」のラベルはよく出回っていますが、桃園縣は余り見ないですね・・・

今期の種親は、75mmと大きくは無いですが台湾オオの魅力の1つ?
意外とでかくなって夢を見せてくれます。。。(爆

と言うのも、この75mmは幼虫時32gと期待せずには居られない体重になってしまったがゆえに、


まあ・・・気になって見てしまうわけですね・・・この大きさで羽化しました。

素質的には申し分ないものを持っていると思うので、今年もブリードします。

内歯はグランディスのように中歯のものと、オオクワのように上を向くものがあります。
個人的には、オオクワのそれとは違った雰囲気を持つ内歯が上がったのが好きですね。

前胸もラオスグランのように抉れるタイプと、インドグランのように膨れる2タイプが存在します。
これも台湾オオの特徴ですね・・・

自分は、内歯が上を向くタイプがすきなんですが、前胸は、インドグランのような膨れるタイプが好きです。
理由は、インドグランタイプの方が太く見えます(笑)

そして、台湾オオは先の特徴が1メスからの子供・・・兄弟間にも沢山のレパートリーで現れます。
別に混ざり物とか言う意味ではなく、色々な形が出ます。

何と混ざっているか解からない極太オオクワよりも
太いが、自然な太さの台湾オオが自分は好きです。



飼育法も、国産オオクワに準じて簡単なのでおススメです。
温度管理なしでも、この位(75mm)は出てきますからね!!

とりあえず、目指せ80mmで・・・

 | HOME |  »

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。