くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾ヒメミヤマ

たけろうさんとこで拝見して、我が家のはどうなったのだろう・・・・・・

と言うことで、ヒメミヤマを観察。

1頭はがっつり幼虫な感じ。
1頭は真っ黒に・・・
残り3頭は無事に蛹化。

採卵日は2009年の9月。
約1年での蛹化になります。
(正確には、1年と2ヵ月)

たけろうさんとこは三年近くかかったようで?少し拍子抜けしてしまいました。

ちなみに、ヒメミヤマと言うことでマットは産卵セットに使用した、微粒子無添加マットに寝かせておいたアンテマットを混ぜて使用。

餌替えは基本的に行っていなく、幼虫のサイズも量るほどの大きさでもなかったため、データは残っていません。

で、3頭の比率ですが、1♂2♀でした。

まさかの♂も1年1化。
これにはまたまたビックリ(笑)
オスは1年1化だったので、耳状突起はなんとか出ている感じです。

サイズは次世代に期待と言うことで・・・
ブリードは自身に成功する腕と運が無さそうなので、たけろうさんにお任せする予定です。

ちなみに、ティーノさんから頂いていた同産地のヒメミヤマですが、マットがあっていなかった?のかは不明ですが、3令になった時点でぶよぶよになり、黒くなってました。


発酵の浅いものより、黒く発酵しているものの方があっているみたいです。
スポンサーサイト

アマミノコ。

本日は、学校から帰宅後アマミノコのマット換え。

7頭居ましたが、1頭落ちていました。
配分は2♂3♀ 1頭2令でした。
メスは軒並み6グラム。。。

オスは12グラムでした。(ちなみに、1頭だけw
12グラムのオスだけ、1400に・・・
残りは全て、800に投入。

マット飼育なんで、ハラボテ個体にはならないと思うんですが。。。

産地は、奄美大島 古仁屋産 F4になります。

隊長から頂いた
笠利町産も順調に孵化してきている模様。。。
あくまで、予測ですが・・・
こちらはWF1なので、どれほど大きくなるのか楽しみです♪
笠利町は菌糸でやってみようかなっと。。。



別ネタ。

mahitaさんとこでお馴染み?の
クメッ娘のカンボジア Dorcus.sp
マットにて順調に育っています。

形が似ているツノボソはいまいちな感じですが・・・orz
ついでに、台湾ツノボソもダメです・・・


来年のKUWATAが楽しみだ。。。

 | HOME | 

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。