くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノコギリ。




ご近所採集です。

近場(徒歩5分)ではスジやコクワが確認できます。

車で30分のポイントではノコギリとミヤマが確認できました。

といっても、ミヤマは1オスしかも死骸のみ。。

ノコギリは沢山いて30分程度で、10頭ぐらい取れます。

ちなみに外灯です。

ポイントに行く度に、60は超えてそうなノコギリのオスの頭部があります。。

自分の行く時間には中歯や小歯ばかりなのに。。( ;∀;)

写真のオスはかろうじての60ミリ。。


はやくオオクワを見たいです♪
スポンサーサイト

アルケスツヤ。



フィリピンの欲しいツヤクワが入荷したと、知人が教えてくれた&取り置きしてくれたので、先日帰省ついでにむし社まで取りに行きました!!


アルケスです。
大きさは96ミリ。
むし社のSさんは簡単と言うので、マルバネに準じたマットを詰めないセット。

よくよく考えると、ツヤのセットって初めてなんですよね。。

ブリードしたいと思った、ブルマイやベルシコは羽化しないで落ちるから。。

マルバネも最初はボウズでコケたので、ツヤでもあり得るかも。。

まぁ、寿命とできる範囲で、セットし直して、どうにか産ませて、ツヤマスターの菊元さんの記録を越したい!!

できたら、ぶっちぎりの記録がいいな(笑)

先ずは産卵、そして羽化と難所が待ってますがね。。

後は温度か。。
今一、飼育してる人が少ないみたいで、温度帯は解らずじまいでした。

ただ、低温はNGということ。

さぁ、産んでくれ!!

カプレオルス。



知人からの頂き物です。
累代はF5。。(笑)

ミヤマでこの数字はなかなかないと思いますが、形状的にミクラミヤマに似ているので、地上を徘徊するミヤマなのかなと。。

だから、局所的に分布していて、累代にも多少強いのかな?

以前、大手町のフェアで野外品のオスばかり沢山入った標本がかなりの安さで売ってました。

なんだか、本当にアメリカ版ミクラミヤマな気がしてきた。。

ミクラミヤマもメスの採集が難しいみたいですし。。

起き次第、交尾させて、セットしたいと思います。

オオクワ。



メスなのですが、今年最初の羽化なので。。

産地は栃木県北部。
自己採集からのF1です。


自己採集なので、なんだか今までとは違い、累代が途切れるまでしっかりやりたいと思います。。

オスも蛹になってますが、恐ろしく小さい(^-^;

ホペイ。



最近は、巨大になるオオクワの羽化記事を見て、「家のも80とか出てこないかな。。」と70前半の蛹にぼやいてしまいます。。

そして、今回はホペイ。
まー坊さんお手製のラブベッドのお陰で、即合体確認。

滅茶苦茶遅いスタートですね。。
まだ、産卵セットすら組んでないなんて。。(^-^;

でも、他の種ではぼちぼち幼虫や産卵の確認が出来てます。

今年は、がっちり何かしらのギネスを狙いますよ~!(毎年言ってるかも。。)

しかも今年は、飼育だけでなく、採集も頑張りたいと思います。

まぁ、メスのテイクアウトはなるべく少なくして、オスも美品や特殊な個体なら持ち帰るようにします。

蝶の場合、締めてから確認するのでなかなか出来ないのですが。。あと、オオスズメバチもね。。


タガメも取ってみたいな。。
なんか、地域によって、色彩変異があるみたいで?

エラフスホソアカ。

遂に、飼育する機会に恵まれました。

ちゃらさん、ありがとうございます!!m(__)m

材飼育をしたいと思ったのですが、材を入れるケースが無いのでマット飼育で。。

マットはあえて、添加物の入っていない、MAXマットを使用。
理由は、以前ホソアカのセットをした際、添加マットで育てたモノよりも産卵セットに入っていたモノのほうが大きかったので。。。

瓶は、ガラスを使用。
より、温度管理の面で有利だと思われる為。。。

次に水分。
握って団子になるより、若干多いようにしました。

乾きやすいので、ビニールか何かでフィルターをしないといけないかも。。

そして、温度管理。

コレには切り札を使います。





大型冷蔵庫。
彼女の家にある、野菜などを保管する、超巨大な冷蔵庫です。

設定温度は12~16℃。
低温でじっくり育てることにより、大歯、長歯が羽化するのかを見てみたいと思います。

マットは材を粉砕しただけのはずなので、材の固さ以外では、材飼育とは変わらないと思います。。

まぁ、最後(蛹化)前に材を入れるのも有りかもしれません。。。

オオクワ。



先日、採集の先輩方とオフ会が有りました。

さすが、オオクワ採集に懸けているだけあって、経験からの知識とか半端ないです。


それで、画像。
山形県のオオクワです。
まー坊さんから頂いた、餌皿にてペアリング。

この餌皿、すんごく良いですね。
まず、オスとメスが潜れるように掘られています。

そして、少し大きめなので、小ケースにて広々とペアリングできます。

これは良いものだ。。

まー坊さんありがとうございますm(__)m♪


別ねた。

栃木オオクワを求め、ポイント探し~

洞があって、樹液を吹き出しているコナラ発見!

今一、オオクワの生息する環境が解らないのですが、標高は関係ないのかな。。?

居れば、幼虫の餌はクヌギ、コナラ、イヌブナになるそうな。。


そこのポイントは昼はサトキマダラヒカゲ(多分。)、モンスズメ、ヨツボシケシキスイを確認。

夜はコクワ多数。Gいっぱい。といった感じでした。

ヒラタなら入りそうかな?
オオクワも。。あわよくば?(笑)

オオスズメバチ。



先日のコクワと同じポイントにて採集。

知人から、この時期に採れるオオスズメはクィーンと言うことを、聞いたので間違いないと思います。

でも、何回聞いてもこの羽音にはビビります。。

ケースの中にいてもビビります(^-^;


ネジレバネは付いていませんでした(笑)

 | HOME | 

プロフィール

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。