くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニジイロ。


今季ブリードのニジイロです。

image_20130530204405.jpg

顎が少し短い弟。
オス61ミリ。

image_20130530204406.jpg

先に羽化した兄。
60ミリ。

オスは2個体しか居ませんが、色は安定しています。
緑〜黒な感じです。
上翅の色彩の赤がもう少し抜けると良いかも。。

続いてメス。

image_20130530204407.jpg

41ミリのメス。
黒が強いです。

image_20130530204411.jpg

次も黒メス。
これも41ミリ。


image_20130530204409.jpg

最後。
これは37ミリ。
緑が強いメスです。

個人的にはこれに期待してます。。

ニジイロは3セットの予定。
スポンサーサイト

ノコギリ(伊豆大島)。


伊豆大島のノコギリのオスが羽化しました。
サイズは。。

60ミリぐらいかな。。

image_20130528213411.jpg

メスは二頭ほど羽化してますが、親個体より1回り程小さいかな。。


来年活動の個体達なので、じっくり寝て欲しいものです。
菌糸で飼育したので、次世代は餌慣れしてくれるだろうか。。



そして、かっつさんのプレ企画で無事に?当選しました。
同県の雅パパさんの個体です。

かっつさん、貴重な同県の虫仲間を見付ける機会をくださり、ありがとうございますm(_ _)m

さて、到着が楽しみです。。

ホペイ。


先日は、みつひろうさんと採集にいって来ました。

結果はコクワにスジ。。
コクワは小さいのから40ミリ程度まで。
スジは30ミリダウンですかね。。

後はよく解らないカミキリ。

そして、同乗されたKさんがヤゴを取りたいとの事で、ヤゴを探すも取れるのはザリガニやサワガニ、オタマジャクシ。

流石に栃木まで遠路はるばる来て頂いたので、近場のオニヤンマが居るポイントへ。。
そこで爆発的に取れて、Kさんは満面の笑み(笑)

オニヤンマの生態的に、川砂や砂利に産卵するみたいなのですが、今回のポイントは落ち葉溜まり。
Kさんは、納得いかなそうでしたが、嬉しそうでした。

まあ、あれだけ採ったけど今年も見れるかな。。オニヤンマ。



さて、本題。




ホペイの第一号が羽化しました。
蛹の時は、顎の重なりとか大した事無いかと思ってましたが、羽化してみるとまぁまぁかなと。。
しかし、また75ミリの壁が。。

27gあったので、行けるとおもったのだけど。。

他の奴らで夢を見せてくれ。。(笑)

アルキデスヒラタ。

続きを読む »

M.エレファス。

カブトの増種をしました。

というか、いただきました。

もちろん、幼虫です。
なので、画像はなし。。

いただのは、メキシコ ベラクルズ州 カテマコ産のエレファスゾウカブト。
血の入れ替えが済んでいる素晴らしい個体です。

ただ、エレファスって何年ぐらい入荷してないのだろう。。







そして今日、猫の避妊手術へ行って来ました。
いつも、暴れるぐらい騒がしいですが、さすが術後。。

借りて来た猫の様に静か(笑)

ただ、いつもと違う調子だと少し不安ですね。。


早く元気になったおくれ♪

ダイトウマメ。

だいぶボケボケですが、ダイトウマメが羽化しました。

とりあえず、蛹は1オス3メス。
幼虫1メス、そして成虫1メス。





今回のは、実は性別不明。。
大きさは10ミリ程。


image_20130523224715.jpg


先日のオガチビと比較。
小さいのが解るかと。。

そして、ようやくダイトウマメの産卵セットから幼虫の姿が確認出来ました。
とりあえず目視出来るのは3頭程。

貴重な個体群なので、繋げられて良かった。。



今日、灯火セットが来ました。
コレで、六月から点けれます(笑)

採集(近くの山)。

今日は近くのお山に下見に。。
こんな感じの道がありまして。。



東京の某山に採集に行った時に似ています。
ちなみに、東京の山ではウスバシロチョウやオナガアゲハ、運が良ければミヤマカラス。。
甲虫では、ニワハンミョウやナミハンミョウ、各種カミキリ、後はオトシブミ、採ってないけどチョッキリ。。


今回の栃木の山ではとにかく、オサムシ!!
恐らく色彩と大きさから、ルイスオサムシだと思うのですが、数が多い。。


image_20130522223321.jpg

こんな感じの樹液焼けした優良な物件多数!
ちなみに、この山。。いや、付近でネブトが採れるみたいなので、下見に来たのですがかなり凄い。

洞もボコボコ空いていて、樹液もにじみ出ていました。


image_20130522223012.jpg

そして、散策していてカミキリでも居ないかな〜って感じで、木を見て居るとこんな光景が。。

蠢いていて気持ち悪いですが。。


image_20130522223014.jpg

見辛いですが、正体はこれ。。
多分、オオゾウムシ。

個体数が凄く多かったです。


そして、1時間半で散策終了。
収穫はコクワ、ルイスオサムシ、センチコガネ、春型ゴマダラチョウ。

ゴマダラチョウが居るということは、エノキが有る。。

という事は、オオムラサキが居るかも。。

あ、この周辺、オオクワの採集の記録も有るみたいです。

野生動物が少し怖いですが、夜間に行ってみる価値は有りそうです。

ダイトウヒラタ。


クリスタルの次はホワイト〜

image_20130521191702.jpg

ってなことで、ワインレッドなダイトウヒラタが羽化しました。
ちなみに、サイズは野外で確認できるヒラタと変わらないサイズです。

多分、40ミリにも満たないかんじですね。

それでも、内歯はしっかりと発達しています。
次世代は来年かな。。

ヒラタは良く3ヶ月で使用出来ると言いますが、自分的にはしっかりと寝かせてからの方が良いと思います。。





そして、久々の中野での購入〜

image_20130521191703.jpg


ジャワ島のコーカサスです。
地元の友人達との中でカルコソマとメガソマがブームで。。(笑)

1番最初に憧れるカブトの一つだと思いますが、やっぱりかっこいい!!

の一言につきますね。。

やはり、良いものは良いですね。

オオクワ(栃木)。

本日は、割る予定ではなかったのですが、オオクワ系の卵が有るか気になったので、試し割を。。

結果は、幼虫が10頭と卵が数個出てきました。

まだ、セットして一ヶ月程だったので、幼虫が出てくるのが意外で。。

他にはホペイも軽くみたのですが、こちらも健康そうな卵と、幼虫が確認出来ました。

ブロックがあったので、とりあえずオオクワ用に詰めました。
そして、メスは再セット、新たに別メスをセットしました。

この産地は、行っても採れないと思うので、出来るだけ沢山採りたいと思います。

昨年、あまり採れなかった山形も再セット。
新潟は、もしかしたら未後尾。。?


何れにせよ、自己採集のオオクワが繋がって良かった。

コクワ(伊豆大島)。

近くの山でミンミンゼミの声が聞こえました。

そして、アオオサムシが出始めました。
とりあえず、アオオサムシはキープしました。

ぴんくあいすさんがコクワの羽化を確認したみたいなので、我が家も割り出しを。。


結果は3オス7メス。
オスは全てワイルドみたいなちっちゃい奴。
まだ、蛹が2オス居るのですが、そちらはなんとか大歯?な感じです。

ぴんくあいすさん、何メス用意しますか?(笑)


とりあえず、新島も再セットして、幼虫採らないと。
絶えてしまう^^;

コクワと言えど、割り出して成虫が出て来てくれるのは嬉しかった♪

 | HOME |  »

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。