くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤママルバネ(西表島)。


ヤエヤママルバネ(西表島)のマット替えを行いました。

第一回目の割り出し分なので、既に3令に加齢しています。
二回目はまだ2令でした。

3令は、HR-1で1頭飼いです。
蓋とケースの間にペーパーを挟んで、コバエ対策。
使用するマットは、今回で結構好成績だったマットを使用。
水分量は、霧吹きを少し多めにかける程度。

コレで17グラムを超えて来てくれたら、コバシャの小へ移動。。

速く今年の羽化しないかな〜。。







ミヤマです。

佐野市のネブトポイントで採れました。
樹液で採集しましたが、なかなか感動。。(笑)

ちなみに、この日始めて他の採集者を見ましたが、その人曰く、ネブトは一日に多くて4〜5頭。
そして、アカアシも採れるとか。。(笑)

もちろん、ミヤマカラスも採れるみたいです。

その方とは、アオハナムグリを摘まみながら会話しお別れ。。

ネブトもまだ採れるみたいなので、こまめに通いが必要ですね。
仕事終わりに行けるかな。。?
スポンサーサイト

ドルクス.sp。

ぴんくあいすさんからいただいた、アルファック産の.spが羽化しました。


image_20130720133240.jpg

オスはなんだかリュキュウコクワにも見える。。
内歯が上がってて、好みな形。。

でも、顔上突起は無いのでヒラタなのかな?

メスはミークみたいな感じ。

image_20130720133242.jpg

そういえば、ミークって最近見ないな。。

あと、2頭居ますが、うち1頭はまだ幼虫。
もう1頭はメスの蛹です。

増やせるかな。。?

ぴんくあいすさん、ありがとうございますm(_ _)m


インド便、入ったみたいですね。
ウッディは欲しいけど、飼育はしたく無い。
標本で良いかなと(笑)

でも、優先順位はかなり下。
何故なら、ウッディ買える額で、色んな事が出来るから。
どうしても、秤にかけてしまうのですよ。。

しかし、国産のマルバネやノコギリはそこ迄考えないな。。
特定の種を除き、比較的良心価格だから。。
特定の種ってのはヤエコとか。。(笑)

さて、9月23日が楽しみだ!!!

ホペイ。

MINAMIさんのプレ企画の協賛品です。

ホペイ
福建省 北峰
累代 CBF1



個人的なオススメは上の個体。
しかし、腹部が大きいですね。。

image_20130720001127.jpg

候補その2。
この系統で最大の個体かと。
大きさは78ミリ。

80が当たり前、83ミリがアベレージとなりつつある昨今のオオクワですが、我が家ではこんなものです。

あとは、オマケとして別系統のホペイの幼虫やマルバネ幼虫、国産の離島ノコギリの生体をと考えています。

まあ、オマケは本当にオマケなので当選した方とやり取りして決めたいと思います。

アマミノコギリ。

アマミノコギリです。



何処産だか解りますか?

image_20130717211645.jpg

画像を縮小しているので、見辛いのですが。。

image_20130717211644.jpg

全て、詳細産地、採集者が解るものです。

image_20130717211643.jpg

最後が絶対に産んで欲しい産地。
と言うか、全てしっかりと生きて繋がって欲しいです。

別ねた。

オキナワコクワがようやく産卵、幼虫が得られました。

トクノシマコクワは幼虫が採れたには採れたけど、1頭。。

再セットしても、なんか採れる気がしないです。


次は、MINAMIさんの協賛品の紹介かな。。?

オキナワマルバネ。


オキナワマルバネが羽化してました。
まだ、活動はしてませんが、非常に嬉しい羽化でした。
サイズは現状55ミリ。
縮んでも、53ミリぐらいにはなるのではないかと。。

image_20130712080155.jpg

嬉しかった反面、一つ残念な事が。。

いただいた幼虫、全てメスだったのです。。
とりあえず、知人に聞いてもらってるので、なんとかなれば良いなぁ。。


image_20130712080200.jpg

これ、蜂の巣なんです。

キイロスズメバチの巣。
彼女の家の納屋の屋根に出来ていた巣を駆除。

巣の中身は三段。
クィーンと、働きバチを数頭をキープ。

本音は、チャイロスズメが居ないかな〜なんて、淡い期待を抱いてたんですがね。。
泡みたいに消えました。


次はこれ!

image_20130712080152.jpg

佐渡島のスジ!
惚れ惚れする格好良さ。。
メスが居ないのが非常に残念ですが、それはそれで気兼ね無く標本に。。
佐渡島特有?の赤味があるのも、良いですね。


最後は、カブト。


image_20130712150724.jpg

友人所有のヘラクレス。
産地明確、採集者まで明確な憧れの逸品です。



頭角の伸び、胸角の伸びも良くお尻が小さいです。
知人には頑張ってもらいたいものです。

マエダマルバネ。


この季節が近付いて来ました。




マエダさんです。

ぴんくあいすさんにオスを譲っていただいたので、なんとか繋げられました。

しかし、歯型は小歯ですね。。
この個体は幼虫時には、25グラムあったのですがね。。

冷やしが足りないのかな。。?

ちなみに、30あったのは歯型変化する事無く、小歯です。。

現場二ペアがうかしてきてます。

image_20130711004041.jpg

お父さんとお母さん。

サイズこそお父さん越えしてますが、歯型がな。。
進歩無い。。

今年も、しっかり繋げて大歯に近いのを出せたらな。。
とりあえず、23度ではダメみたい。
マルバネなので、どの程度迄下げて大丈夫なのか、不安ですが個体サンプルが増えれば、冒険も可能かと。。

友人がブルマイスターやってるけど、個人的にはブルマイスターよりもベルシコロールでトンカチ大歯を出したいな。。

次回も、マルバネネタになりそう。。

アルケスツヤ。

久々のアルケスです。
とりあえず、孵化からそろそろ一年です。

確実にオスと解っているのは、二頭。
画像のはそのうちの一頭です。

image_20130705205305.jpg


独特なツヤクワの幼虫に育ってくれています。

もう一頭は、グラム計測こそしていませんが、この幼虫より一回り大きかったので、
そのままケースに戻しました。

フィリピンの虫なので、どの程度までが低温なのか解りませんが、なんとか大歯にしたいすね。
ツヤクワの中では、比較的たくさん飼育されているブルマイスターでも、メスしか羽化しないと失敗が続いているので、ツヤクワに一矢報いたいものです。

でも、ミンダナオの太いアルケスってのも気になるな〜。。







番外編。



image_20130705204946.jpg


近くのポイントで拾ったミヤマ。

カラスに喰われて、お腹や脚が有りません。
以前、頭だけでも価値が有るのか?という、コメントを頂きましたが、コレは世間の価値と言うより、自分の記録に近いです。

このミヤマ、以外に大きく顎が有る左の大顎で測ると67ミリ。
憶測では有りますが、生きている時は68〜69ミリぐらいあったのではないかと。

ミヤマは、乾くと縮むので。

なので、この個体は自分の記録用に持ち帰りました。

だって、地元でなかなかミヤマなんか採れないのに、こんなサイズ。。
方顎が無くても、バッファローマンみたいだから!

ってのでテイクアウト。


でも、本当は死んでるからいいや。。
と一度ポイしたんですが、彼女が「後悔しないの?」と言い。。

持ち帰り、整え。。

やっぱり、ポイしないで良かった(笑)


背中には針を刺せない気がするので、台紙に貼り付けて補完予定です。

アマミノコの請島が羽化してきました。

image_20130620222653.jpg

サイズは揃いも揃って、69止まり。。(~_~;)

一応、コレよりも大型の幼虫が控えて居ますが、どうなることやら。。


五月にセットしたホペイや栃木オオクワを割り出し。

結果はタイワンオオ以外のセットから12〜17頭の幼虫が得られました。
タイワンオオは産卵跡はあるものの、卵が腐っていました。

結果的には非常に嬉しいのですが、菌糸を考えると少し溜め息が(笑)
今年の羽化した生体を、買い取ってもらえれば目処は立ちますが。。

甘くは無いですね。


さて、とりあえず詰めて有る菌糸に入れられるだけ入れました。

ホペイとか、欲しい人居ないかな。。

 | HOME | 

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。