くわかぶの飼育記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルケスツヤ。

久々のアルケスです。
とりあえず、孵化からそろそろ一年です。

確実にオスと解っているのは、二頭。
画像のはそのうちの一頭です。

image_20130705205305.jpg


独特なツヤクワの幼虫に育ってくれています。

もう一頭は、グラム計測こそしていませんが、この幼虫より一回り大きかったので、
そのままケースに戻しました。

フィリピンの虫なので、どの程度までが低温なのか解りませんが、なんとか大歯にしたいすね。
ツヤクワの中では、比較的たくさん飼育されているブルマイスターでも、メスしか羽化しないと失敗が続いているので、ツヤクワに一矢報いたいものです。

でも、ミンダナオの太いアルケスってのも気になるな〜。。







番外編。



image_20130705204946.jpg


近くのポイントで拾ったミヤマ。

カラスに喰われて、お腹や脚が有りません。
以前、頭だけでも価値が有るのか?という、コメントを頂きましたが、コレは世間の価値と言うより、自分の記録に近いです。

このミヤマ、以外に大きく顎が有る左の大顎で測ると67ミリ。
憶測では有りますが、生きている時は68〜69ミリぐらいあったのではないかと。

ミヤマは、乾くと縮むので。

なので、この個体は自分の記録用に持ち帰りました。

だって、地元でなかなかミヤマなんか採れないのに、こんなサイズ。。
方顎が無くても、バッファローマンみたいだから!

ってのでテイクアウト。


でも、本当は死んでるからいいや。。
と一度ポイしたんですが、彼女が「後悔しないの?」と言い。。

持ち帰り、整え。。

やっぱり、ポイしないで良かった(笑)


背中には針を刺せない気がするので、台紙に貼り付けて補完予定です。
スポンサーサイト

コメント

ミンダナオのアルケス、私も気になります。
実物を見てみたいですね。

よく入荷のあるオーロラとかネバービスカイヤ・カシブとかでも十分太いですが、それ以上ならかなりのものですよね。
でもミンダナオの入荷個体をみると大抵中歯で大歯はあまり見たことがありません。これはブリードで大歯を出す価値もありますね。

70のミヤマ、相当な迫力ですね!
パーツなくても迫力が伝わってきます。

むいみなこさんこんにちは。

個人的には、ルソンでもかなりの太さだと思っていたのですが、ミンダナオはそれ以上見たいですね。。

海外で採集する有名採集家にお願いしました(笑)

見たのは、90ぐらいでも中歯なんですよね。。
太さはかなりのモノでした。

大歯みたいですね♪

ミヤマは、大きくなると迫力が違いますよね。
しかし、ブリードの相性が悪くまともに増えません(~_~;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lastdans.blog63.fc2.com/tb.php/429-2259d908

 | HOME | 

プロフィール

京四郎

Author:京四郎
リンクはフリーです。
リンクしてくださる際に一言いただけたら幸いです。


京四郎、虫飼育やめるってよ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。